下取りと中古車査定

下取りと中古車査定

今乗っている車をディーラーで下取りを行ってもらって新車に乗り換える場合、何の情報も持たずにそのまま持ち込んでしまうと、その下取り価格は、ディーラーの言いなりになってしまいます。

それを防ぐには、事前に、別の車買取業者に車買取査定をしてもらい、査定額を確認した上で交渉を行った方が有利です。

一般的な話として、ディーラーの下取り価格は、専門の買取業者よりも買取額が低い傾向があるようです。

その一方で、手放す車が人気車種だったり、あるいは、購入予定の新車が大幅値引きしてでも売りたい車種だった場合は、ディーラーもそれなりの金額を提示してくれる場合があります。

そこで、まずは車買取査定をしてもらい、事前査定額がディーラーの提示した下取り金額より高い場合はディーラーにその旨伝えて交渉しましょう。

ディーラーがどうしても、その新車を売りたいと考えるなら、事前査定額と同じ価格で下取りしてくれる場合もありますし、中古車として魅力ある車種だったら、それ以上の金額を提示してくれるかもしれません。

そうでなかった場合は、買取業者に売却すればよいだけの話です。いずれにしても、新車購入=ディーラーの下取りとは限らないことを知っておくと、いざと言うときに損はしませんよ。


 

サイトマップ