中古車売却時に必要な書類

中古車売却時に必要な書類

車を売却するにあたっては、色んな書類が必要となりますので、これらを事前に用意しておくと車の買取手続きはスムーズに進みます。

委任状や譲渡証明書などは、車買取業者で用意してくれることが普通ですが、念のため必要書類は事前に確認しておきましょう。

■実印
車を購入したときに使ったもので、車買取の委任状や譲渡証明書の作成に必要です。

■印鑑証明書
市区町村が証明する実印の登録証書です。有効期限があるため、発行日から3カ月以内のものが必要です。委任状や譲渡証明書に実印を使用する際に、その実印の登録を証明するために必要な書類です。

■自動車検査証(車検証)
通常は、車室内保管している書類です。もし、紛失した場合は管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。

■自動車税納税証明書
毎年5月末までに納める自動車税の納税証明書です。これがないと車を売却することは出来ません。紛失した場合は、各都道府県の税事務所で再発行してもらえます。

■自賠責保険証
強制保険とも呼ばれているものの加入証明書です。一般的には車検証と一緒に保管されています。この期限が過ぎていると車を売却できません。紛失した場合は、保険会社に再発行してもらう必要があります。

■リサイクル券
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから 『自動車ユーザー向け自動車リサイクル料金の預託状況』 を印刷すると、その書面がリサイクル券の代替となります。


 

サイトマップ